妊娠線を予防しよう【出産を終えた後もおしゃれを楽しむために】

妊娠

つくらないことが大切

妊娠線の予防はつくらないことが第一です。妊娠線は一度できてしまったら消えることはないからです。美容化粧品の使用や腹帯、体重コントロールを中心に様々な視点から予防を考えましょう。

Read more...

食事にも注目する

多くの女性が結婚して幸せな家庭を築きたいと考えていることでしょう。幸せな家庭を築くための第一段階として妊娠が挙げられます。自分のお腹の中に一つの命が宿る幸福は女性だけが実感できるものです。しかし、妊娠をすると妊娠線というギザギザの線ができてしまいます。この線は一度できてしまったら消えることはありません。お腹はもちろん二の腕にできることもあります。夏場は薄着になる季節ですが、体にギザギザの線があると半袖や水着を着ることに躊躇してしまうでしょう。出産を終えた後もおしゃれを楽しむためにも妊娠線をつくらないように予防することが大切です。

妊娠線の予防には、体重コントロールや腹帯、乾燥対策などが挙げられます。体重をコントロールするためには食事の管理も徹底しなくてはなりません。野菜など、繊維を多く含んだ食事を取り入れたりバランスの良い食事に切り替えたりすると良いです。つわりが酷い方の中には食事の支度が大変な日もあるでしょう。しかし、コンビニで購入したお弁当や外食は高カロリーになりがちなので、食べ過ぎには気をつける必要があります。妊娠線の予防法としてコラーゲンを意識して摂取することも大切です。妊娠線は皮下組織であるコラーゲンに亀裂が入ることでできるとされているため、コラーゲンを積極的に摂ると良いです。豚足やとんこつラーメン、手羽、鳥の皮、すっぽんやカニ、エビ、ゼリーや杏仁豆腐などにコラーゲンが多く含まれているので妊娠線予防のために注目してみましょう。食事で改善出来ない場合には、妊娠線専用のクリームを塗るのも手です。マッサージするように塗ることで、クリームの浸透を高めることができます。

しわを改善するには潤い

しわに悩んでいる人は、使用している化粧品が肌に適していない可能性があります。また、スキンケア化粧品を見直すことで乾燥を防ぐことができ、同時にしわ予防にも繋がります。

Read more...

石鹸でピーリングする

ピーリング石鹸を使用すればニキビやくすみ、シミなどの肌トラブルが改善できます。さらに毛穴の黒ずみや開きなどの汚れ、古い角質も除去できるので赤ちゃんのような肌を目指せます。

Read more...