妊娠線を予防しよう【出産を終えた後もおしゃれを楽しむために】

妊娠

つくらないことが大切

妊娠線とは妊婦のお腹にできる赤紫色をしたギザギザの線のことを指します。妊娠線ができてしまうのは、妊娠したことで急にお腹が大きくなり、皮下脂肪が亀裂を起こすためです。この妊娠線はお腹に限らず、太ももやバスト、ヒップなどにもできる可能性があります。一度できてしまった妊娠線が消えることはありません。そのため、妊娠線はつくらないようにすることが大切です。
ほかにも、妊娠線ができる理由の一つとしてホルモンが影響しているという理由も考えられます。コルチコステロイドというステロイドホルモンは妊娠中に多く分泌されます。コルチコステロイドは皮膚代謝を悪くするという働きがあるので、コルチコステロイドの分泌が多い妊娠中は、ホルモンバランスも重要視してみると良いでしょう。

妊娠線を予防する方法には体重を管理すること、腹帯、美容化粧品の使用などが挙げられます。また、急激に体重が増加してしまうために皮膚に亀裂がはいるので、体重コントロールも大切です。美容化粧品を使用する予防法は、自宅でも気軽に行えるでしょう。妊娠線予防専門のクリームやジェル、オイルなどを販売している店舗も数多く存在しています。妊娠線予防専門のスキンケア用品を販売している店舗が付近にない場合は、一般的に販売されているタイプのスキンケア用品でも代用することが可能です。お手入れの頻度は、忘れず毎日行うことです。保湿力の高いスキンケア用品なら一日一回から二回を目安に使用すると良いです。